ウーマンヘルスチェックカレンダーへの思い

この記事は、日経ウーマン、2005年の年末、11月か12月号の記事だったと思います。

(↑クリックすると拡大します)

その右下、「ヘルスチェックカレンダー」の部分を拡大したのが↓こちらです。

これが載っている日経ウーマンの雑誌自体は捨ててしまったのですが、
この記事だけは参考にしたくて、とっておいてありました。ほっ。

さてさて、これを読んで私は
この手帳は買わずに(手帳の出版社さん、ごめんなさい)
EXCELで表組みして作り、早速使ってみました。

便利だなと思う反面、何となく使いづらさも感じます。

こうなったら、自分でアレンジだ~と、EXCELで作り直し。
まず、経血量をもっと詳しく山型に描きたくて、欄の高さを増やしました。
またオリジナルは14日周期ですが、生理はだいたい28日周期です。
生理以外にもいろいろ書くためには、日付が横並びよりも縦並びのほうが、
文字が横書きで書きやすいです。

そうして女性の生理の記載に特化した形式に出来上がりました。
名付けて「ウーマンヘルスチェックカレンダー」。

2009年の月経血コントロールのセミナーで、
会場にいらしてくださったみなさまにお配りした「ウーマンヘルスチェックカレンダー」には、
満月と新月のマークも入れてみました。
「満月や新月に出産が多い」とよく言われますが、
生理もその時期に重なることが多いと思ったからです。

そう考えるのは私だけでなかったようです。(^-^)/
岩尾明子プラネット日記 「つながっているからね」

最新の2011年版は、こちらからダウンロードして下さい。

ウーマンヘルスチェックカレンダー 2011年版(A4用紙1枚分)
ウーマンヘルスチェックカレンダー 2011

2006年からずっとつけていますので、5年分溜まりました。
こうなると、私の体調が一目瞭然!!!
こうしてネットにさらすのはちょっと恥ずかしいのですが、
みなさんにわかってもらえるように写真を出してみます。


2つに折って手帳に挟めるように、
A4の半分くらいの大きさに縮小して印刷しています。

生理が乱れて体調が悪かったときもあれば、
順調になると体調だけでなく、気分も良くて活動的になっている。
5年分の「ウーマンヘルスチェックカレンダー」を見渡すと、
その当時の私の体調を思い出してしまいます。
私にとって、とても貴重な記録となっています。

だからこそ、みなさんにも使って欲しいと思っています。

カレンダーの書き方、使い方の一例は、
こちらからPDFをダウンロードしてください。


基礎体温の数値を記録したりするのにも使えますね。
人それぞれ、いろいろな使い方があると思います。

生理から健やかに。
女性を愉しみましょっ!face01

Auther:なぁ Date:2011年2月26日

コメントをどうぞ